エミューオイル100%のエミューの雫の口コミ

エミューの雫の口コミ

 

@コスメでエミューの雫の口コミを調べてみました。
口コミ

 

*化粧水のあとに、一滴をてのひらにとり、顔を抑えるようにつけてみたのですが、べとつかないのが気に入りましたね。そしてお肌がつるつるしっとりという感じで良かったです。まだ使ったばかりなので、これから続けてみた結果が楽しみです。

 

*大人ニキビに悩んでいたのですが、良い石鹸、オイルのケアでおちついてきました。そこにエミューの雫も加えてみているのですが、乾燥も感じるので、さらに植物バターをプラスして使っています。顔もそうですが、デコルテや首、肩などもこれでマッサージすると調子がいいですよ。

 

 

*ややべたつきがあるのが今一つなところですが、伸びやすく保湿力が高いので朝塗って1日しっとりしています。少量でも良く伸びるのでコスパもいいんじゃないですかね。

 

 

@コスメなのでやはりコスメとしてお肌のお手入れに使ってる人がほとんどでしたね。

 

他にも筋肉のハリの緩和やマッサージに使っている、腰痛や関節痛が改善されたという報告もあるんですよ。

 

 

エミューの雫の特徴

エミューの雫

 

ではここで、エミューの雫は他のエミューオイルと何が違うのか見てみましょう。

 

まず、エミューの雫は100%高級エミューオイルを使っています。オーストラリアから輸入しているのですが、EUの化粧品輸入基準をクリアしたエミューオイルです。これって審査がけっこう厳しいらしいですよ。

 

さらに、オーストラリアでOILTEK製法で作られたオイルを日本人のお肌に合わせてさらにろ過精製してできるのがエミューの雫なのです。
高品質はそのままで、気になる動物性のニオイが抑えられるんです。

 

もちろん、保存料や香料、着色料などの添加物は一切使われていません。

 

天然のものですから、敏感肌の人も乾燥肌の人も年齢も問わず誰にでも使ってもらえるエミューの雫です。

 

ちょっと試してみたいわという方のために、エミューの雫お試しサイズもありますよ。使ってみて良かったと言う人には定期コースやまとめ買いなどお得な購入方法もありますし、エミューの雫から生まれたクリスタル石鹸も美肌効果抜群なので一緒に使うといいかもしれませんね。

 

公式サイトはこちら!

エミューオイル

http://emu-oil.asia/

 

 

エミューオイルを使うメリットとデメリット

エミューオイル

 

エミューオイルのメリット

 

まずはメリットについてです。

 

エミューオイルは昔から万能薬として筋肉のハリの緩和や痛みを和らげる働きをしてきたのですが、それは今でも変わりません。
肩こりや関節痛、筋肉痛など、エミューオイルを塗りながらマッサージすると効果的だそうですね。

 

だから、運動選手たちをサポートするプロのトレーナーたちもエミューオイルを活用しているそうです。

 

人の皮脂の構造によく似ているエミューオイルなので浸透しやすいし、お肌の隅々にまで行き届き角質の奥まで行き届くので効果が見られるわけですね。

 

また、お肌に良いというのもメリットの一つです。保湿力に優れているので、乾燥肌の人にももってこいのオイルです。

 

お肌の調子がよくなったり、透明感がでてきたりという美容効果もありますから、エミューオイルを使ってみる価値がありそうです。

 

 

エミューオイルのデメリット

 

では、エミューオイルにデメリットはあるのでしょうか。
まあ、販売しているところでは、デメリットはあんまり出していないですよね。

 

エミューオイルの口コミを見ていると、少しずつ見えてきますよ。

 

まず、冬場は固くなる、固まるという点があるようです。ちょっとあったかいところに置いておくのがミソだとか。もともと固めのオイルだという話もありますね。

 

またものによってはべたつきもあるようです。ただ、これはモノによるのもあれば、個人の使用感の差もあると思いますけどね。
中には、顔に塗ったら毛穴におちて、テカッたというレビューもありましたしね。

 

そしてもう一つ、お値段が少々高めというところも気になるところです。
なんといっても天然100%と言われるものがほとんどですから、良いものであるがゆえにお値段も少々高めになるわけですね。

 

長く続けるにはちょっとお財布が痛いかなあという感じもあります。それ以上の効果が見られたらいいのですけどね。

 

 

こうしてエミューオイルのメリット・デメリットをみてきましたが、さて、どうしますか?
エミューオイル試してみますか?選択はあなた次第ですよ。
文字通り万能薬として肩こりや筋肉痛などに使うために買い置きしておくというのも一つの方法かもしれません。

 

公式サイトはこちら!

エミューオイル

http://emu-oil.asia/